移住コラム

宮崎移住の魅力はサーフィンや温暖な気候!支援制度やおすすめ移住先も解説

サーフィンや美味しい食べ物で人気の宮崎県に移住をしてみませんか?宮崎県は魅力たっぷりの場所ですが、移住となればもっと詳しく知っておきたい方も多いはずです。そこで今回は移住先として人気の高い宮崎県の魅力をたっぷりと紹介します。

どんな特色があるのか、人気の移住先や覚えておきたいポイントなどもまとめました。また、移住の情報収集に役立つサイト、仕事探しや支援金についても解説します。これから宮崎県への移住をしたいと検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

宮崎県が移住先として人気の理由4つ

まずは、宮崎県が移住先として人気の理由を4つ紹介します。これから移住をしたいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

一年中サーフィンが楽しめる

出典:公益財団法人 宮崎県観光協会|みやざき観光情報 旬なび

宮崎県は海に面している地域が多く、サーフポイントが豊富です。伊勢ヶ浜・木崎浜・青島・小倉ヶ浜・蚊口浜などたくさんのサーフポイントがあり、場所によって波のコンディションが異なります。そのため、サーフィン初心者から中上級者までレベルに合わせて選び分けられるのが魅力です。特に青島はリゾートや遊園地に隣接しているため、家族連れの方でも十分楽しめるでしょう。

また、凪の日が少ないだけでなく温暖な気候なのでサーフィンをオールシーズン楽しめます。凪の日とは風や波がなく海面が穏やかな日で、サーフィンをするには不向きな日のこと。宮崎県ではサーファーにとって海のコンディションが良い日が多く、楽しく波乗りができます。

海の幸と山の幸が両方楽しめる

宮崎県には宮崎牛や地鶏をはじめ、マンゴーや日向夏など美味しい農畜産物がたくさんあります。また、宮崎県は海に面しており、イワガキや魚など海の幸も豊富です。1つの場所で海の幸と山の幸が両方楽しめるため、グルメな方にもピッタリな移住先と言えます。

アクセス良好で他県に行きやすい

宮崎県には高速道路や新幹線が通っており、どこにでも移動がスムーズにできるのも魅力の1つです。たとえば、隣県の鹿児島県へは車で約1時間10分(鹿児島IC~宮崎IC)、福岡県までは約3時間15分(福岡IC~宮崎IC)で移動できます。

また、中心地である宮崎市には宮崎空港や宮崎ブーゲンビリア空港などがあり、国内だけでなく海外への移動もできます。移住をしても旅行を楽しみたい、通勤で他県に行きたいと考えている方には特におすすめです。

参考:宮崎県|あったか宮崎ひなた暮らし

冬でも温暖な気候で過ごしやすい

宮崎県は年間の日照時間が全国で6番目(2022年)に長く、平均的な日照時間よりも200時間ほど長いとされています。そのため、年間平均気温が17.7℃、もっとも気温の低い12~2月でも平均気温が8.8℃と、温暖な気候で過ごしやすいのも大きな特徴です。

一方で、山の近くでは冬に積雪があるような場所もあり、地域ごとにメリハリのある季節感を楽しめます。移住に人気の市区町村は平野や海沿いが多いため、宮崎ならではの温暖な気候を感じながら過ごせるでしょう。

参考:グラフで見る宮崎県の日照時間(年間)は長い?短い?(推移グラフと比較)

参考:気象庁 気象庁観測平年値(1991~2020)

物価や家賃が安い傾向にある

宮崎県は比較的物価や家賃が低い傾向にあるのも魅力です。統計局によれば平成20年の段階では1ヶ月の家賃平均が36,727円で、全国平均の53,565円と比べてもかなり安いのが分かります。移住をする場合には家を買ったり借りたりする必要があるため、物価や家賃が安ければ初期費用やランニングコストを抑えられるでしょう。

参考:借家の家賃・間代

失敗談から学ぶ注意点をチェック

宮崎県のおすすめポイントが分かったところで、次は失敗談から学ぶ注意点や気を付けたいポイントを解説します。

車がないと不便な場合がある

宮崎県は高速道路や空港などがあり交通の便が良いものの、移住する場所によっては車がないと不便な場合があります。最寄りの駅まで遠い、サーフポイントの近くに駅やバス停がないといったケースも多いです。

もともと車に乗っている方であれば問題ありませんが、車や免許を持っていない場合には注意しましょう。もちろん、宮崎市など中心部には車がなくても生活できる場所もあります。

観光スポットはやや少なめ

宮崎県には目立った観光スポットはあまりなく、遊園地や動物園などへ頻繁に出かけたい方にとって不便に感じる場合もあります。ただし、海や山などの自然が豊かで、サーフィンやバーベキューといったアウトドアを楽しめるのが魅力です。

派手な場所は少ないものの、自然を楽しめるようなスポットが充実しています。移住は短期間住んで終わりなわけではないため、長期的に見て住みやすい宮崎県はおすすめです。

県民性がのんびりとしている

宮崎には「てげてげ」と呼ばれる言葉があり、大概・ほどほど・おおざっぱなどの意味を持ちます。ゆったりのんびりとした県民性を表す言葉でもあり、宮崎県の人々は時間の感覚がややルーズな方が多いようです。

もちろん全員がそうではありませんが、県民性がのんびりとしていることを覚えておきましょう。ゆったりと暮らしたい方には向いていますが、せっかちな性格の場合にはややストレスに感じてしまう場合もあります。

宮崎県でおすすめの移住先

宮崎県の魅力や注意点が分かったところで、次はおすすめの移住先を見ていきましょう。各地のおすすめポイントや観光地などもあわせて解説します。

交通の便がよく快適な「宮崎市」

宮崎市は県の中心地としても知られており、空港・新幹線・高速道路などもあるため交通の便がよく快適なのが特徴です。県外へ仕事に行く予定のある方や、旅行を楽しみたい方は宮崎市への移住を検討してみましょう。

また、市には人気の観光地「青島」があります。パワースポットとして知られる青島神社や、美味しい食べ物とオシャレなドリンクが揃う青島ビーチパークは特に人気です。ビーチではマリンアクティビティも楽しめるため、充実した毎日を過ごせます。

サーフィンで町おこし「日向市」

日向市はサーフィンで町おこしをするほど、サーフポイントが充実している場所です。伊勢ヶ浜・小倉ヶ浜・金ヶ浜は特に人気で、日向市は宮崎市に隣接しているため交通の便も比較的良いでしょう。

また、人気のブランドマンゴー「太陽のタマゴ」が多く生産されている地域でもあります。サーフィンだけでなく美味しい食べ物もたくさんあり、おすすめの移住先です。

レジャー充実で子育て世帯に人気の「延岡市」

延岡市は県の最北端に位置する地域で、大分県に隣接しています。山に囲まれていながら海にも面しているため、豊かな自然の中で子育てをしたいと考えている方には特におすすめです。山の幸も海の幸も楽しめる場所で、食にこだわりたい方にもピッタリの移住先と言えます。

「須美江家族旅行村キャンプ場」などのキャンプ場やビーチといったレジャースポットも多く、アウトドア好きの方も楽しめるでしょう。比較的大きな市でありながらも自然も多いので、ゆったりと過ごしたい方はぜひチェックしてみてください。

豊かな自然と商業施設のある「北諸県郡三股町」

北諸県郡三股町は県の南西部に位置する市で、子育て世帯には特に人気の移住先です。豊かな自然があるだけでなく、中心部には商業施設もあるので買い物にも困りません。6万本のクルメツツジが圧巻の「椎八重公園」、子どもたちに人気の大型遊具充実の「上米公園」などの大型公園が充実しているのも、子育て世帯には嬉しいポイントです。

目立った観光地はないものの、移住後の生活をゆったりと過ごしたい方には特におすすめです。商業施設や病院などの生活環境も整っているため、豊かな生活を送れるでしょう。

美味しい特産物たっぷりの「都城市」

都城市はふるさと納税を積極的に行っている市として知られており、美味しい特産物が多数あるのが特徴です。宮崎市までのアクセスも良好で、鹿児島県に隣接しているため他県への移動も簡単に行えます。

ゆったりと過ごせる場所と商業施設のある栄えた場所の両方があり、どちらを求めている方にもおすすめです。利便性が高いのはもちろん、宮崎県ならではのゆったりとした雰囲気を味わいながら快適に過ごせます。

移住に際して知っておきたい情報

宮崎のおすすめ移住先を紹介したところで、次は実際に移住する際に知っておきたい情報を解説します。情報収集に便利なサイトや仕事の探し方、詳しい支援金の内容もまとめました。

情報収集に便利なサイト

宮崎県の移住に関する情報収集に便利なサイトには、以下のようなものがあります。

移住スカウトサービスのサイト内では、宮崎県の各地域の魅力やトピックなどをチェックできます。宮崎市移住センターのサイトは市内への移住に関するさまざまな相談に対応してくれるだけでなく、イベントやコミュニティの情報も豊富に掲載されているのが魅力です。

宮崎県の公式サイトでは各地で行っている制度や魅力、観光地などを詳しく見られます。あったか宮崎ひなた暮らしのサイトでは、はたらく・住まい・サポートと3つのジャンルに分けて移住相談を受け付けています。移住者のリアルな声や支援制度も記載されているため、宮崎県への移住を検討されている方はぜひ一度チェックしてみてください。

仕事の探し方

宮崎県で仕事を探すなら、以下のような場所に相談をしてみましょう。

  • ふるさとみやざき人材バンク
  • 宮崎援農
  • 宮崎商工会議所
  • 日本政策金融公庫
  • 宮崎県よろず相談支援拠点
  • みやざきスタートアップハブ

ふるさとみやざき人材バンクでは、UIJターン者向けの求人を多く掲載しています。宮崎援農は宮崎で農業を始めたい方向けの短期就農、お試し就農などの情報が閲覧可能です。新規就農研修者を受け入れている場所も分かるので、農業に興味がある方はぜひ見てみてください。

宮崎商工会議所では、起業に関する相談を随時受け付けています。移住前からの相談も可能なので、移住を機に起業したい方はチェックしてみましょう。日本政策金融公庫では、融資や事業計画の相談が行えます。起業や開業を考えているなら、商工会議所へ問い合わせてみてください。

宮崎県よろず相談支援拠点では無料の経営相談を受けられます。起業をしたものの上手く行かない、不安がある場合にはこちらを利用してみましょう。みやざきスタートアップハブでは、起業家同士でコミュニケーションをとれたり相談したりできます。

参考:宮崎スタートアップ情報
参考:ふるさとみやざき人材バンク
参考:宮崎援農

利用できる支援金など

宮崎県に移住する際は、それぞれの状況に合わせた支援金や支援制度を受けられます。以下で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

宮崎県移住支援金制度

宮崎県移住支援金制度とは、県外から宮崎県に移住した方を対象に最大100万円が支給される制度です。2人以上の家族では最大100万円、単身者では最大60万円の支援金が受け取れます。制度の利用には「通算5年以上東京23区に在住」や「東京23区内への通勤」など、所定の条件を満たす必要があります。

宮崎ひなた移住倶楽部

宮崎ひなた移住倶楽部は現在県外に住んでいる方の中で、宮崎県へ移住をしたいと考えている方向けのサービスです。無料で会員登録ができ、各種割引や特典サービスなどを利用できます。年会費などもかからないため、宮崎県への移住を検討しているならぜひチェックしておきましょう。利用できるサービスには、以下のようなものがあります。

  • レンタカー割引
  • 引越料金割引
  • 賃貸住宅仲介手数料割引
  • リフォーム費割引
  • 自動車学校教習料金割引
  • 各種ローン金利優遇

宮崎県お試し滞在

宮崎県お試し滞在では、各地域へのお試し移住申し込みが行えます。お試し移住を受け入れている地域も分かるため、移住候補地を訪れながら雰囲気を知りましょう。移住後の生活イメージもわきやすくなるので、とてもおすすめです。

参考:移住支援サポート

宮崎への移住で充実した生活を送ろう!

今回は、宮崎県の魅力やおすすめの移住先を紹介しました。オールシーズンサーフィンが楽しめるだけでなく、温暖な気候で過ごしやすい宮崎県は移住先として非常に人気があります。また、物価や家賃も安い傾向にあるため、サーフィン好きな方はもちろん家族連れでの移住にもおすすめです。

移住者の受け入れの体制もしっかりと整っており、支援制度なども豊富に用意されています。宮崎県への移住を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

ABOUT ME
移住スタイル編集部
移住スタイル編集メンバーが更新します。移住をこれから検討する方のために、移住に関する、最新情報やノウハウをわかりやすく紹介します!
関連記事