移住コラム

岡山は自然豊かで子育てしやすい地域!移住の魅力や注意点を解説

「自然の溢れる地域で暮らしたい」「子育てしやすい街に住みたい」と思い、移住を考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたい移住先が岡山県です。岡山は「晴れの国」とも呼ばれるほど晴れの日が多く、四季折々のレジャーが楽しめます。また、子育て支援が充実しており他府県へのアクセスもとても良いです。

しかし、移住して後悔しないためには、岡山での生活がどんなものかを深く理解しておくことが大切になります。

そこでこの記事では、岡山に移住する魅力や注意点、おすすめの移住先を紹介します。移住支援制度についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

岡山県に移住する魅力とは?

岡山県には様々な魅力がありますが、ここでは、中でも特徴的なものを4つ紹介します。

四季折々のレジャーや特産品を楽しめる

岡山県は「晴れの国」と呼ばれるほど降水量が少なく、気候に恵まれて過ごしやすい県です。

海や山などの自然も多く、海水浴やスキーといった四季折々のレジャーが楽しめます。

例えば、県内の海岸沿いには海水浴ができる浜辺が点在しており、海が好きな人にとってはとても魅力的です。また、スキーができる蒜山(ひるぜん)高原は子どもから大人まで滑りやすいことで知られています。その他にも、岡山には自然ならではのアクティビティを楽しめる場所が多くあり、登山やハイキング、スノーボードなどをすることも可能です。

さらに、岡山県は「くだもの王国」と呼ばれるほど果実の生産が盛ん。白桃やマスカット、ピオーネなどの新鮮な果物をスーパーなどで安価で購入できます。他にも、牡蠣やタコ、さわらなどの瀬戸内海で採れる新鮮な魚介類も岡山の特産品として有名です。

関西圏・九州圏へアクセスしやすい

岡山県は陸上交通や空路が充実しており、関西圏や九州圏へアクセスしやすいのも魅力です。岡山県北部には中国自動車道、南部には山陽自動車道があり、他にも米子自動車道や瀬戸中央自動車道などの高速道路が通っています。

これらの高速道路を利用すれば、大阪・広島・神戸へ約2時間で移動できます。

また岡山駅には新幹線が通っているため、新幹線を利用すれば、大阪・広島・神戸への移動は1時間もかかりません。また、博多へは約2時間、鹿児島へは約3時間で移動可能です。

飛行機が利用できるのも岡山県の特徴。県内には岡山桃太郎空港があり、東京や札幌・那覇などの遠方の地域へも2時間以内に訪れられます。

交通手段が充実しているので、他府県への出張やお出掛けの際に困ることはないでしょう。

子育て支援が充実している

岡山県の各市区町村は、子どもの医療費助成をはじめとする子育て支援制度が充実しています。おかげで、費用を抑えて子どもに医療を受けさせることが可能です。

子育て環境としては充実していると言えるでしょう。

以下で子育て支援を行っている市区町村をいくつか紹介します。

【津山市】
中学校卒業までの子どもの入院費・外来費の自己負担分が無料。

参考:津山市|市町村の情報|岡山県移住ポータルサイト おかやま晴れの国ぐらし|移住・定住支援(岡山県)

【玉野市】
中学卒業までの子どもの医療費自己負担分が無料。子育て支援センターによる一時保育・出前保育・子育て相談などを実施。

参考:玉野市|市町村の情報|岡山県移住ポータルサイト おかやま晴れの国ぐらし|移住・定住支援(岡山県)

【笠岡市】
高校卒業までの子ども医療費一部免除、不妊治療費の一部免除

参考:笠岡市|市町村の情報|岡山県移住ポータルサイト おかやま晴れの国ぐらし|移住・定住支援(岡山県)

【井原市】
高校卒業までの子どもの保険診療による自己負担分が無料。0〜5歳の全ての子どもは、保育料・給食副食費(おかず代)が無料。幼稚園に在園している全ての子どもは預かり保育料が無料。

参考:井原市|市町村の情報|岡山県移住ポータルサイト おかやま晴れの国ぐらし|移住・定住支援(岡山県)

移住体験用の「お試し住宅」がある

岡山県の各市区町村には、移住を体験したい人向けの「お試し住宅」が用意されています。お試し住宅は、家賃の一部を各市町村が一定期間補助してくれるため、利用料金も安く設定されています。そのため費用を抑えて岡山に移住体験ができます。

例えば、吉備中央町ではお試し住宅が2戸用意されており、1〜6ヶ月間は月額1万円で住めます。また、美崎町のお試し住宅では1日1,000円で最大14日間住むことが可能です。

各市区町村によって利用期間や料金が異なるので、事前にチェックしておきましょう。

参考:移住・定住支援制度一覧|市町村の情報|岡山県移住ポータルサイト おかやま晴れの国ぐらし|移住支援(岡山県)

岡山に移住する際の注意点

岡山には魅力がたくさんありますが、移住するうえで気を付けるべき点がいくつかあります。ここでは岡山に移住する際の注意点について、詳しく解説します。

県内の移動は少し不便

岡山の県内での移動手段は、バスや電車がメインですが東京などの都会と比較すると便数は多くありません。

特に、岡山市や倉敷市以外の地域では公共交通機関が発達していないことが多く、1時間に1本ほどしか電車やバスが来ないこともあります。住む地域によっては、職場への移動や買い物などで不便に感じることがあるでしょう。

通える学校や大学が限られる

岡山県は学校や大学の数が少ないです。

岡山市や倉敷市以外の地域では、中学校や高校の数が少なく、通える学校が限られるかもしれません。また、学業を優先して遠方の学校に通う場合には長時間の通学が必要になるケースもあるでしょう。

加えて、大阪や東京などの100万都市と比べると、通える大学も多くありません。研究したい分野によっては、県外の大学への進学が必要なケースも多いです。

岡山に移住する際におすすめの地域5選

岡山県は移住先として人気の県ですが、市区町村ごとに特色があり、どの地域に移住すればいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。そこで、岡山県に移住する際におすすめの地域を5つ紹介します。

地域ごとの特色を詳しく解説するので、移住できそうか参考にしてみてください。

「岡山市」公共交通機関の利便性が高い

岡山県の県庁所在地である岡山市。市内を山陽自動車道が走っており、車で県外へパッと移動できます。また、市内にある岡山駅には新幹線も停まるため、東京や大阪などの主要都市にも数時間で移動可能です。県庁所在地というだけあってバスや在来線の本数も多く、県内の移動もスムーズにできます。

交通機関の利便性は県内の他の地域と比較しても優れていると言えるでしょう。

またイオンモールやクレドなどのショッピングセンター、ユアーズや成城石井などのスーパーといった商業施設も多いため、買い物にも困ることはありません。他にも岡山後楽園や岡山城などの観光スポットや、おかやま桃太郎まつりや岡山さくらカーニバルといったイベントも楽しめます。

岡山県の中でも、住みやすさを意識するなら岡山市がおすすめです。

岡山市には移住支援制度として、「お試し住宅」が20戸用意されています。住める期間は最長6ヶ月、家賃は3万3,000円です。岡山市への移住を考えている方は、まずはお試し住宅を活用してみてはいかがでしょうか。

参考:民間賃貸物件を活用したお試し住宅

参考:岡山市|市町村の情報|岡山県移住ポータルサイト おかやま晴れの国ぐらし|移住・定住支援(岡山県)

「倉敷市」昔ながらの街並みが残っている

倉敷市は白壁の蔵屋敷やなまこ壁といった江戸時代を思い起こさせる倉敷美観地区などの昔ながらの伝統的な街並みが残っており、岡山県の中でも観光客数が多い地域です。また、古い町並みがあるおかげで古民家の空き家も多く、日本家屋に住みたい人にとってもぴったりだと言えます。

加えて、瀬戸内海に面しているため、産業集積地である水島コンビナートの夜景や瀬戸大橋など、きれいな海辺の景色を楽しめるスポットが多いのも魅力です。

大学が多いのも倉敷市の特徴。市内には、倉敷市芸術科大学や川崎医療福祉大学などの医療福祉や芸術等を専門とする大学があり、子どもの教育においても充実した環境だと言えます。

倉敷市には移住支援制度として「お試し住宅」が6戸用意されています。最大2ヶ月まで利用でき、1泊1,000円と安いので、移住体験をする際には積極的に活用してみましょう。

参考:倉敷市・高梁川流域お試し住宅

「津山市」津山城や鉄道館などの観光スポットを満喫できる

岡山県の北東部に位置し、北部で一番大きい都市が津山市です。津山市では、津山城(鶴山公園)や津山まなびの鉄道館、城東町並(重要伝統的建造物群保存地区)などの観光スポットが満喫できます。観光が好きな方にとってはとても魅力的な地域です。

また、津山市は中国山地と接しており、冬には雪が降るため、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツも楽しめます。市内には数多くのスキー場がありますが、中でも恩原高原や津黒高原は険しいコースからなだらかなコースまであり、誰でもウィンタースポーツを楽しみやすいです。

津山市では移住支援として、県外からの移住者に対して支援金の給付を進めています。条件に該当する2人以上の世帯で最大100万円、単身で最大60万円が支給されます。

参考:移住支援金の支給について | 津山市公式サイト

「総社市」子育て支援が手厚い

子育て支援が充実していてファミリー層におすすめなのが総社市です。中学生までは医療費の補助を受けることができ、自己負担の1割の支払いで済みます。また、おたふくかぜの予防接種費用一部助成や不妊・不育治療の費用助成などがあり、子どもの医療費を少なく抑えることができるでしょう。

また総社市は岡山県の南西部に位置し、吉備高原や高梁川などの自然に囲まれている地域です。そのため、子どもを自然豊かな環境で育てることができます。

歴史的な遺産があるのも総社市の魅力。大和朝廷時代に築かれたと言われる鬼ノ城や県内2位の規模を誇る作山古墳などがあり、歴史が好きな方にもおすすめです。

総社市では、移住支援として就労マッチング支援を行っています。岡山県が開設している求人サイトに掲載された企業に就職するか起業した際に、最大で100万円のお祝い金を受け取ることが可能です。

参考:移住支援・就労マッチング支援

「矢掛町」山に囲まれて暮らせる

岡山県の南西部に位置する矢掛町は、山々に囲まれてのんびり暮らしたい方におすすめの地域です。町全体に田園風景が広がっており、ゆったりした雰囲気の中で過ごせます。

また、矢掛町には300年以上変わらない宿場町や古民家を再生したお店などがあり、歴史情緒に溢れています。加えて、雪がほとんど降らない地域であるため、冬であっても車の移動がしやすいのも魅力です。

矢掛町は町内に移住する人を対象に、最大100万円の支援金を支給しています。また、空き家の改修やリフォームに対して補助が受けられる制度もあり、費用を抑えて移住しやすいです。

参考:各種補助金・助成金|矢掛町公式ホームページ

岡山の情報を集めるのに便利なサイト

岡山県への移住を考えている場合は、移住する前に様々な情報を集めることが大切です。「岡山県はどのような県なのか」「支援制度や補助金があるのか」「仕事先があるのか」など、きちんと情報を集めておくことで、岡山の特徴をしっかり把握でき、移住後の後悔を防げます。

ここでは岡山の情報を集めるのに便利なサイトを3つ紹介します。

「岡山県公式ホームページ」

引用:岡山県ホームページ トップページ

岡山県が運営している岡山県の公式ホームページです。岡山の観光や移住、企業立地などの幅広い情報が掲載されています。

岡山県について幅広く知りたい方にとってはとても便利なサイトです。

特に岡山の税制や医療制度などについて詳しく解説されているため、行政の情報を集めるのに便利です。

「岡山県移住ポータルサイト」

引用:岡山県移住ポータルサイト おかやま晴れの国ぐらし|移住・定住支援(岡山県)

岡山県移住ポータルサイトは岡山県への移住に役立つ情報が掲載されているサイトです。各市区町村の特色や移住支援制度、住まいの情報などが網羅的に掲載されています。また、岡山県で移住生活を始めた方の体験談も多く紹介されており、現地での生活の実態を知ることが可能です。

他にも移住経験のない方に向けた、「移住計画の立て方」も紹介しているため、移住が初めての方はとても参考になるでしょう。

「おかやま生活」

引用:[SmartPhone]おかやま生活│岡山市に移住・定住するための情報サイト

おかやま生活は仕事や住まい、子育てなどに関する情報が掲載されているサイトです。移住や医療に関する支援制度の情報がまとめられており、どんな支援があるか確認する際に役立ちます。

加えて、岡山市の魅力が詳しく紹介されているので、岡山市への移住に興味のある方にとってはとても参考になるでしょう。

岡山県に移住して理想のライフスタイルを手に入れよう

岡山県は自然が豊かで子育て支援制度が充実しています。また、九州圏や関西圏へもアクセスしやすく、移住先としてはとても魅力的です。住む地域によっては公共交通機関が発達しておらず、学校の数が少ないなどの難点もありますが、住環境はとてもよいと言えるでしょう。

「どの地域に住むか迷う」といった方は、移住体験用の「お試し住宅」を活用するなどして現地に足を運んでみましょう。

ABOUT ME
移住スタイル編集部
移住スタイル編集メンバーが更新します。移住をこれから検討する方のために、移住に関する、最新情報やノウハウをわかりやすく紹介します!
関連記事