移住コラム

失敗談から分かる移住成功へのポイント!意識するべき点とおすすめ移住先も解説

移住を検討しているものの、失敗を恐れてあと1歩が踏み出せない方はいませんか?お金も時間もかかる移住は、できるだけ慎重に行いたいものです。しかし、失敗を恐れているといつまで経っても移住はできません。

そこで今回は移住の失敗談や理由をもとに、解決策や失敗しないためのポイントをまとめました。おすすめの移住先や選び方も解説しているので、移住を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

こんなはずじゃなかった?移住失敗と感じる理由

移住に失敗する理由にはさまざまなものがあります。ここでは、移住が失敗したと感じてしまう理由を1つずつ詳しく見ていきましょう。

生活環境の違いに困惑する

移住をすると周辺の施設や気候など、さまざまな生活環境が大きく変化します。もともと住んでいた場所では近くにスーパーも病院もあって便利だったものの、移住先では徒歩圏内にお店がない場合もあるでしょう。そのため、移住をしたことで生活が不便になったと感じる方も多いようです。

また、気候に関しては地域による差が大きく、移住の際に遠い土地へと引っ越すと移住先の気候に体がついていけない可能性もあります。極端に暖かい場所から寒さの厳しい場所に行けば慣れるまでに時間がかかり、移住に失敗したと感じる場合もあるでしょう。

人間関係が上手く行かない

移住失敗の理由の1つとして、人間関係が挙げられます。移住をすれば少なからず新しい人間関係を築かなければならず、コミュニケーションがスムーズに取れなければ地域の情報も耳に入ってきません。新しい環境になじむためには移住先で相談できる友人を探すのも1つの手です。人間関係が上手くいかないと楽しめなくなってしまいます。

また、移住先で気軽に相談できる環境がないと、1人で悩んでしまう方も多いです。悩みを抱えると、せっかく移住しても暗い気持ちで過ごすことになってしまうでしょう。田舎では、人と人との距離感が近い分、人によってはプライベートにまで干渉されると感じる場合もあるため、人づきあいが苦手な方は気を付けてください。

希望通りの仕事が見つからない

移住にともない心機一転、新しい仕事を探そうと考える人もいることでしょう。しかし、移住先によっては希望通りの内容や待遇の仕事が見つからず、結果として移住失敗となってしまうケースが多々あります。職種を選ばなければ仕事は見つかるかもしれませんが、給料や休みなどの希望が多ければ多いほど見つかりにくくなるでしょう。

ただし、近年ではリモートワークなども普及してきているため、必ずしも移住に伴って転職をする必要はありません。転職をする場合には、地域ごとに支援制度を設けている場合もあるのでチェックしてみましょう。

甘い考えによる資金不足

移住をする際の初期費用はしっかりと用意しているものの、当面の生活費用を確保していない方は意外と多くいます。移住をしてから仕事を続けながら資金を用意しようと考えている方は、考えが甘いかもしれません。

移住をしてからしばらく暮らせるだけの生活資金を確保しておかなければ、仕事が上手くいかなかったときなどに困ってしまいます。移住後の生活までしっかり視野に入れ、余裕を持って資金を用意しておきましょう。

失敗と感じる要因は理想と現実のギャップにあり

移住が失敗したと感じる理由を見てみると、理想と現実のギャップが大きいことが分かります。移住に大きな理想を抱いていると、実際に移住をした際に現実とのギャップに驚いてしまう可能性が高いです。

移住はもちろん楽しく期待の膨らむものではありますが、過度な理想を抱かないようにしましょう。移住をしても生活をするのにはお金がかかり、楽しいだけではありません。理想と現実の違いに困惑しないよう、現実的なシミュレーションと下調べをしておきましょう。

移住に失敗しないためのポイント

移住に失敗したと感じる理由が分かったところで、次は失敗しないためのポイントを紹介します。移住してから後悔しないためにも、ぜひ以下のポイントを参考にしてみてください。

移住前に経済基盤を確保する

1つめのポイントは、移住前の段階で生活の基盤を整えることです。移住をしたあとで収入源を確保しようと考えていると、上手くいかなかったときに移住失敗となってしまいます。引っ越しや住宅にかかる初期費用を用意しておくのはもちろん、必ず生活にかかる資金も視野に入れておきましょう。

もし転職をする場合には、移住前から就職先を決めておくのがおすすめです。移住先によっては就職を支援したり移住のための求人を載せたりしているサイトもあるので、ぜひチェックしてみてください。

下調べをしっかりと行う

田舎暮らしに憧れて移住をする場合には、都会に比べてお店や医療機関の数が少なくなる可能性が高いと覚えておきましょう。生活環境においては移住先によって大きく異なるため、下調べをしておくことが非常に重要です。

近くにお店や病院がない場合には、どこまで行けばあるのか細かくチェックしておきましょう。また、周辺施設だけでなく最寄り駅までの距離なども確認しておくのがおすすめです。車を持っていないと不便に感じる場所もあるため、維持費や購入費用などもあわせて確認してみてください。

特に子育て中の世帯は、無理なく通える範囲に幼稚園や保育園、学校などがあるかもチェックしておきましょう。

お客様感覚で移住しない

移住は旅行とは違い、地方に移住したからといって、地元の方にもてなして貰えるわけではありません。あくまでも移住であって観光ではないため、お客様感覚で移住しないように注意しましょう。その土地の住民になると意識し、地域の雰囲気になじめるように振舞うことで、地元の方にも受け入れられやすくなります。

コミュニケーション能力を身に着ける

移住先では地域の住民と人間関係を築く必要があるため、ある程度のコミュニケーション能力は身に着けておくのがおすすめです。地域の雰囲気やコミュニケーションを知りたいときは、移住前に一度訪れてみましょう。

実際に現地に行って住民の声を聞いたり雰囲気を感じたりすることで、移住後のイメージが沸きやすくなります。お試し移住なども活用しながら、周りの住民とのコミュニケーションを心がけてみましょう。

都会暮らしからのシフトも安心!おすすめの移住先

移住で成功するためのコツが分かったところで、都会暮らしからのシフトでも安心の移住先を紹介します。それぞれの移住先で受けられる支援制度も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「静岡県」都会からのアクセスが良好

1つめのおすすめ移住先は、都会からのアクセスが良好な静岡県です。静岡県は移住したい都道府県の中でも特に人気の場所で、温暖な気候やアクセスの良さが人気の理由とされています。都会から引っ越してきても過ごしやすい気候で困惑することもなく、都内からのアクセスも良好なのでお出かけの際にも便利です。

海・川・山などさまざまな自然環境が揃っており、好みに合わせた生活環境を選べます。環境やアクセスが良いだけでなく、生活コストが都会に比べて低いのもメリットです。快適な環境の中で過ごせる静岡県は、年齢や性別を問わず人気があります。

また、静岡県は移住先として人気があるため、お試し移住ができる市区町村が多いのも特徴です。例えば観光地としても人気のある南伊豆市では、短期・中期・長期と3段階のプランでお試し移住ができます。まずはどんなところか見て・聞いて・過ごしてから決められるのが大きなメリットです。

参考:生活スタイルや期間に応じて3段階の「お試し移住」ご案内

「長野県」移住支援制度が充実

2つめのおすすめ移住先は長野県です。長野県は移住者の多い都道府県としても知られており、移住に関する情報が豊富にあります。相談窓口や移住支援制度も充実しているため、安心して生活をしたい方におすすめです。長野県への移住に加えて県内での就職を希望している方は「UIJターン就業・創業移住支援」が受け取れる場合があります。特設サイト内には移住支援金対象求人サイトなども掲載されており、仕事を探しやすい環境が整っているのも嬉しいポイントです。

また、長野県は自然豊かな場所でゆったりとセカンドライフを楽しみたいリタイア世代にも人気があります。ただし、山の多い長野県は住む場所によって気候が大きく異なる場合があるので、下調べをしっかりしておきましょう。特に山の近くなどは降雪が多い場合もあるので気を付けてください。ブログなどを見ると実際に移住をした方の声もたくさんあり、非常に参考になります。

参考:UIJターン就業・創業移住支援事業のご案内

「広島県」ライフスタイルに合わせた生活が可能

3つめのおすすめ移住先は広島県です。広島県は海・山・街といろいろな環境が整っており、自分のライフスタイルや好みに合わせた生活ができます。場所によって気候や風土が異なるため、場所を決める際は慎重に選びましょう。

また、住む家を探せる「空き家バンク」のほか、「新規就農者総合支援」「漁師弟子入り体験」などユニークな支援制度も用意されています。移住相談に関する専門の窓口「ひろしま暮らしサポートセンター」などもあり、安心して移住できるのも魅力です。

さらには、移動にかかる交通費を支援してくれる「片道交通費支援制度」などもあります。住む市区町村によって扱っている支援制度が異なるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

参考:広島暮らし

下調べや準備をして失敗をなくそう!

今回は移住をした際に失敗してしまったと感じる理由とともに、成功するためのコツを紹介しました。移住に対して理想ばかりを膨らませすぎてしまうと、現実との大きなギャップに困惑し移住を後悔することにも繋がりかねません。

そうならないために、移住後の生活について具体的にイメージし、実際に現地に行ったり下調べをしたりしながらシミュレーションすることが重要です。また、不安や困ったことがあった際に相談できる窓口を探しておくのもおすすめです。窓口がない場合は地域での人間関係を築いておけば、困ったときに助けてくれる可能性もあります。これから移住をしようと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしながら成功への1歩を踏み出してみてください。

ABOUT ME
移住スタイル編集部
移住スタイル編集メンバーが更新します。移住をこれから検討する方のために、移住に関する、最新情報やノウハウをわかりやすく紹介します!
関連記事