移住コラム

静岡に移住すれば海と山を満喫できる!おすすめの移住先や注意点を解説

静岡県は移住先として人気が高く、2020年度にふるさと回帰⽀援センターが実施した調査では、移住希望地ランキング1位に選ばれています

参考:【訂正あり】2020年移住希望地域ランキング公開

住環境はとてもよく、都会へのアクセスの良さや自然の豊かさ、過ごしやすい温暖な気候などが魅力的です。今回は、これから静岡県に移住を検討されている人に向けて、静岡県に住む魅力や注意点おすすめの地域について解説します。

静岡県に移住する魅力とは?

冒頭で触れたとおり、静岡県は都会へアクセスしやすく自然が豊かです。具体的にはどんな魅力があるのでしょうか。ここでは、静岡の生活環境について詳しく解説していきます。

人口70万人規模の大きい街があり、生活に困らない

静岡県は山間部が多いですが、県内にある静岡市と浜松市はともに人口70万人を超える規模の大きい街があります。スーパーや飲食店、ショッピングモールなど多数の商業施設があり、ショッピングや娯楽に困ることはないでしょう。

移住する際の住宅取得支援が手厚い

静岡県は移住する際の住宅支援が手厚く、様々な制度が用意されています

例えば、県が指定する条件を満たす住宅を建築する際、住宅ローンの優遇措置を受けられる「しずおか住宅ローン優遇制度」や、新築やリフォームの際にしずおか優良木材を利用すると最大30万円までの助成金を受けられる「しずおか木の家推進事業」などの制度があり、費用を抑えて家を建てられます。

参考:『しずおか住宅ローン優遇制度』/静岡県公式ホームページ
参考:令和3年度住んでよししずおか木の家推進事業/静岡県公式ホームページ

富士山、伊豆など自然豊かな観光地が多い

富士山や伊豆、熱海など自然豊かな観光地が多く、ハイキングや海水浴などのアクティビティを楽しむことができます。例えば、富士山の麓にある富士宮市には全国的にも知名度の高いキャンプ場「ふもっとぱら」があり、手軽にキャンプを楽しめます。伊豆には「黄金崎海水浴場」や「三津海水浴場」などの白い砂浜が広がる海水浴場があります。

また、富士山があるおかげで温泉も多く、熱海などの地域では手軽にリゾート気分を味わえます

首都圏へのアクセスがよく、通勤に困らない

静岡県には東海道新幹線が通っており、日本三大都市の東京、大阪、名古屋に2時間程度でアクセスできます。そのため、首都圏に職場がある方でも仕事を変えずに働くことができます。

また、JR東海道線では、静岡市近郊で10分、浜松近郊では15分に1本程度の本数が確保されています。そのため、県内の通勤も不便に感じることは少ないです。

静岡県に移住する際の注意点

静岡は魅力的な移住地ですが、その一方で住む上では注意すべき点もあります。

まず、静岡市も浜松市も大きい街ではありますが、東京や大阪の大都市と比べて、選べる仕事の範囲や娯楽の面では物足りなく感じるかもしれません。また、移動の面ではJR線が通っていますが、生活やお出かけには車が必須になります。新幹線も各駅停車するこだましか停まらないため、首都圏へ移動するのに時間がかかる場合があります。

さらに遠方となる九州(福岡)や北海道(札幌)に行く場合は、富士山静岡空港を利用することで時間を短縮できます。

静岡県でおすすめの移住先5選


静岡に移住するにはどの地域が向いているのでしょうか。静岡の中でもおすすめの地域を5つ紹介します。

「静岡市」県内最大の繁華街エリア

県庁所在地である静岡市は、静岡県内最大の繁華街として有名です。静岡伊勢丹や静岡パルコなどの大型商業施設に加えて、飲食店や商店が集まっており、ショッピングや食事などの娯楽を手軽に楽しめます。中でも、静岡市の中心市街地にある呉服町は、約850mの商店街となっており、県内で一二を争う人気ショッピングスポットです。

また、海鮮がとても美味しいことも特徴です。市内にある清水港や焼津港では、毎日多くの魚が水揚げされており、新鮮な魚をスーパーで購入できます。中でもマグロの漁獲量が多く、刺身や寿司を楽しめるのが魅力です。ほどよく都会の雰囲気を楽しみながら、とれたての海鮮を味わえることが、静岡市の特徴と言えるでしょう。

静岡市では住まいの支援にも力を入れており、住宅を取得する際の金銭的補助を積極的に行っています。例えば、「静岡市空き家改修事業補助金交付制度」を利用すると、静岡市内の空き家を購入した際に最大100万円支給されます。

参考:静岡市空き家改修事業補助金交付制度 /静岡県公式ホームページ
参考:静岡県の農林水産業の概況-農林水産省

「浜松市」自然と都会が両立したエリア

人口80万人の浜松市は静岡市と並ぶ県内では大規模な都市です。静岡市と同じく繫華街があり、生活しやすい環境が整っていることが特徴です。

浜松駅の周辺には遠鉄百貨店やメイワンなどの大型商業施設があり、駅近くの有楽町商店街には多数の飲食店が揃っています。また、郊外にはコストコやイオンモールなどの商業施設が点在しており、市内のどこに住んでいても買い物には困らないでしょう。

自然が豊かなのも浜松市の魅力です。市内には遊覧船で湖上散策を楽しむことができる「浜名湖」や様々な種類の花を見られる「浜名湖ガーデンパーク」などがあり、自然に触れられるスポットが点在しています。繁華街の規模こそ静岡市よりはやや小さいですが、自然と両立した豊かな環境が浜松市の魅力と言えるでしょう。

浜松市では移住支援として、市外からの移住した場合住居取得にかかる費用を最大100万円補助する「ハマライフ住宅取得費等補助金」を用意しており、住宅取得にかかる費用を抑えやすいです。

参考:ハマライフ住宅取得費等補助金/はじめよう、ハマライフ

「袋井市」子育て支援が充実しているエリア

袋井市は静岡県西部の地方都市で、人口増加率の高い人気エリアです。

人気の秘訣は子育て支援の豊かさにあります。市内には子どもの学習をサポートする「育ちの森」や、病気治療中の子どもを預かる「ぬくもり」など、子育てを支援してもらえる施設が7ヶ所も存在します。また、学童手当てを積極的に行っており、高校までの子供がいる家庭に月額最大15,000円を支給しています。

加えて、山に囲まれており常に自然と触れ合えるため、子育てにはとても適した環境です。
山間部にある街でありながら、市内にはマックスバリューなどのスーパーマーケットが点在しており、日々の生活には困らないでしょう。加えて、浜松市や名古屋までも車や電車で1時間以内にアクセスでき、手軽に都会に出ることができるのも魅力です。

のびのびと子育てする環境を探している方にはピッタリの環境と言えるでしょう。

参考:児童手当

「藤枝市」中心部に近い住み心地の良いベッドタウン

藤枝市は静岡県の中央にある、静岡市のベッドタウンとして発展した街です。

藤枝の魅力は「静岡市に隣接している」という立地の良さです。藤枝駅から静岡駅まで20分足らずで訪れることができ、県内や県外へストレスなく通勤できます。また、市内で起こった軽犯罪を市の公式サイトで即座に公開したり、家族で過ごせるような公園を整備したりといった取り組みを行っており、市民が安心してのびのび過ごせる環境が整っているのが特徴です。

藤枝市は子供がいる家庭を対象とした住まいの支援に力を入れています。18歳以下の子、または妊娠している者がいる世帯が新築住宅、新築マンションを取得する際に最大50万円を支給する「子育てファミリー移住定住促進事業」を行っており、子育て世帯の住宅を後押ししています。

参考:【新築住宅補助】新築住宅、新築マンションの取得費や引越し料を助成します~子育てファミリー移住定住促進事業~/藤枝市公式ホームページ

「伊豆の国市」県内有数の自然豊かな観光都市

伊豆の国市は、伊豆半島の北部に位置する自然豊かな街です。観光資源が非常に豊かで、ロープウェイから箱根の山や駿河湾の色鮮やかな風景を楽しめる伊豆の国パノラマパークや、富士山を臨みながらゆっくりできる伊豆長岡温泉福岡など、自然に触れられるレジャースポットが数多くあります。

また、伊豆地域では交通の便が良く、新幹線が停まるターミナル駅の三島駅まで20分弱しかかかりません。そのため、県外へ移動するのにもとても便利な地域です。
日常で自然を堪能しつつ、都会にも時折帰りたいという方には伊豆の国市は魅力的な移住地でしょう。

伊豆の国市での移住支援制度には40歳未満の夫婦を含む家族または小学生以下の子どもを含む家族が、静岡県外から伊豆の国市に移住する場合、住居費または引越費用を最大20万円まで支給する「伊豆の国市新生活応援補助金」が用意されています。子育てにかかる費用を抑えたい方にぴったりの制度です。

参考:伊豆の国市新生活応援補助金/伊豆の国市市公式ホームページ

静岡移住の参考になる情報サイト

最後に静岡県に移住する際に参考になるサイトを紹介します。

静岡県公式移住・定住情報サイト「ゆとりすと静岡」


引用:静岡県公式移住・定住情報サイト「ゆとりすと静岡」

「ゆとりすと静岡」は移住後の仕事や住まいなど、移住の際に役立つ様々な情報を提供しているサイトです。気候や生活スタイル、先輩移住者の意見など静岡での生活に関する様々な情報を紹介しており、このサイト1つで移住後の生活をイメージできるようになっています。

また、農業や漁業、林業など、業種別の仕事情報も提供しているので、静岡にある企業に勤めたい方にとっても便利な情報源になるでしょう。「ゆとりすと静岡」でしか手に入らない情報も多数掲載されているので、静岡移住の際にはぜひ一度目を通してみてください。

静岡と静岡に住む人を結ぶフリーマガジン「すろーかる」


引用:静岡と静岡に住む人を結ぶフリーマガジン「すろーかる」

「すろーかる」は静岡県内の各地域の魅力や、人々のインタビューを掲載しているフリーマガジンです。ローカルな飲食店やカフェ、スポーツやレジャーのスポットなどが紹介されており、移住後の新しい楽しみを見つけるのに役立ちます

中でも、飲食店やカフェは多数紹介されており、静岡のローカルな料理を楽しみたい方におすすめできます。「静岡のグルメに興味がある」という方は一度は目を通しておきたいサイトです。

静岡県の求人が探せる「しずおか就職Net」


引用:静岡県/しずおか就職net

「しずおか就職net」は静岡県が運営する、県内の就職情報サイトです。

県内1500社以上の企業情報を掲載している他、UIターンの方向けの合同説明会の情報や、地域の未来を形つくるような将来性のある企業の特集を行っており、県内での就職情報を手軽に得ることができます

地域ごとに特色豊かな静岡県への移住を検討しよう!

静岡には規模の大きい市街地や住みやすい住宅街、自然の多い山間部など様々な地域があり、移住先としてはとても魅力的です。また、子育て支援に力を入れている地域が多く、教育に力を入れたい方にもぴったりな県だと言えます。

一方で東京や大阪のような大都市が存在しないため、生活に慣れない間は不満に感じる点もあるかもしれません。移住する際は、デメリットも考慮して検討することが大事です。まずは、一度静岡を訪れ、理想の生活を送れそうか確かめてみてください。

ABOUT ME
移住スタイル編集部
移住スタイル編集メンバーが更新します。移住をこれから検討する方のために、移住に関する、最新情報やノウハウをわかりやすく紹介します!
関連記事