移住コラム

地方移住するなら中古マンションが最適?物件選びのコツと資産価値が落ちない移住先を紹介

移住を検討している方の中には、マンションの中古物件購入を考えている方もいるでしょう。しかし、中古物件は新築とは違って選ぶ際に慎重になる必要があります。

そこで今回は移住先でマンションの中古物件を購入するメリット・デメリットや、選び方のコツなどをまとめました。また、中古マンションの購入におすすめな移住先も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

中古マンションの探し方

まずは、移住先で中古マンションを探す方法から見ていきましょう。

予算を決定する

中古マンションを探す際、最初に行いたいのが「予算の決定」です。同じ中古マンションでもエリアや部屋の広さ、築年数などによって価格が大きく異なります。そのため、最初におおよその予算を設定しておくと条件が絞りやすくなるでしょう。

中古マンションを購入する場合には、マンション本体の購入費用以外に「ランニングコスト」がかかります。マンションの多くでは管理費や修繕積立金、駐車場代などが毎月かかるので、思っていたよりも出費が大きく赤字になる可能性があります。また、仲介手数料などの初期費用がかかることも覚えておきましょう。以上のことを踏まえた上で、予算を設定するのがおすすめです。

場所・築年数・条件を絞る

予算が決まったら場所・築年数・周辺環境・部屋数などの条件を絞っていきましょう。場所に関しては移住したい場所のなかから、予算や条件に合う場所を絞っていくとスムーズに決められます。築年数は浅いほど高い傾向にあるので、予算に応じて設定してください。ただし、安いからといって築年数の経過した中古マンションを選ぶと修繕やリフォームで余計にお金がかかる可能性があります。

周辺環境に関しては、子供がいる場合には学校や公園の近くを選ぶとよいでしょう。リタイア後の移住で静かに暮らしたいなら、閑静な住宅街などを視野に入れてみましょう。部屋数も家族構成や好みに合わせて設定してみてください。部屋数とあわせて全体の広さや間取りなども確認しておくと、住んだときのイメージがしやすくなります。

その他の細かな条件に関しては、おおまかな希望に合う物件を見ながら絞っていきましょう。最初から細かく絞りすぎてしまうと、なかなか希望の物件が見つからず効率が悪くなってしまいます。

中古マンションを購入するメリット

中古マンションの選び方が分かったところで、次は中古マンションのメリットについて詳しく紹介します。

移住費用が安く済む

中古マンションは新築の一戸建てやマンションよりも安いため、移住の際の初期費用をグッと抑えられます。初期費用を安くできた分、リフォームや家のカスタマイズに予算をかければより快適な暮らしが実現できるでしょう。また、移住後の趣味にお金をかけることも可能です。

利便性の高い移住先を選びやすい

マンションは利便性の高い場所に建てられている場合が多いので、マンションがたくさん建てられている場所は移住にもおすすめです。マンションが多く建っている地方都市などは人気が高いため、売却しやすいことも大きなメリットとなります。

治安の良い場所や駅から近いところ、近くに学校が多いエリアなどは特に人気が高いです。将来売却することも考えているなら、利便性の高い場所を選ぶといいでしょう。

移住後のイメージがしやすい

中古マンションは新築マンションとは異なり、すでに住んでいる方がいるため生活のイメージがしやすいのもメリットです。図面だけの間取りではなく、実際の間取りもしっかりとチェックしてから決められ安心です。

新築マンションの場合は人気のエリアだと建築中に全て売れてしまう場合もあり、実際に中を見ずに購入しなければならない可能性があります。しかしその点で、中古マンションは自分の目で見て確かめられるため、購入したあとに後悔することも少なくなるでしょう。

中古マンションを購入するデメリット

移住先での中古マンション購入にはたくさんのメリットがある一方で、実はデメリットもあります。ここでは、中古マンション購入のデメリットを見ていきましょう。

100%希望に合うものはなかなか見つからない

中古マンションはすでに完成された状態のものを購入するため、全て希望の条件に合う物件を探すのはなかなか難しいものです。注文住宅であれば設計の段階から携われるため希望に合わせられますが、中古マンションの場合にはある程度の妥協も必要になります。

希望通りの物件が見つからないときは、どうしても譲れない条件を優先しながら妥協できる部分がないか検討してみましょう。

リフォームに制限がある物件も多い

マンションによってはリフォームの制限があるのも大きなデメリットのひとつです。リフォームそのものができない物件は少ないですが、リフォーム内容に制限をかけているマンションは多くあります。マンションは集合住宅のため、周りの家に迷惑がかかるようなリフォームは基本的にできません。

例えば、床材は騒音防止のために指定されたものを使用しなければならないなどの規約を設けているところもあります。工事の内容によっては規約違反になり、住めなくなる可能性もあるので注意しましょう。リフォームを検討しているなら、先にマンションの管理規約を確認しておくと安心です。

購入前にチェックしたいポイントと注意点

移住先で中古物件を購入するなら、以下のポイントに注意しながら探しましょう。

管理費用を確認

マンションの多くは管理費用や修繕積立金などを設定しています。月に数万円かかる場合が多く、しっかり予算に入れておかなければ後々お金が足りなくなってしまうので注意しましょう。管理費用は物件の詳細ページにかかれていることがほとんどですが、書かれていないときは管理会社や不動産に聞いてみてください。

リフォーム可能かどうか確認

デメリットでも紹介したように、中古マンションの中にはリフォーム不可なところがあります。全てのリフォームができない場合はマンション全体での改修工事やリフォームが入らない限り、そのまま住む以外に選択肢はありません。

制限がかけられている場合には、どのような条件ならリフォームができるのか詳しくチェックしておきましょう。間取りを変更するような大規模のリフォームをする際は、構造によって撤去できない壁や柱もあるので注意してください。

新耐震基準かどうか

移住先で中古マンションを購入するなら、耐震性にも注目しましょう。中古マンションの耐震性には「新耐震基準」と「旧耐震基準」の2種類があり、1981年5月31日以前に建てられたものは旧耐震基準である可能性が高いです。新たに耐震工事をしている場合には古いマンションでも新耐震基準を満たしている場合もあります。

耐震基準に関しては「新耐震基準」のマンションを選ぶのがおすすめです。新耐震基準のマンションは震度6でも倒壊しない耐震設計となっているため、地震があった際の被害を抑えられます。

出典:住宅・建築物の耐震化について

資産価値が落ちにくい物件かチェック

中古物件を選ぶ際は資産価値が落ちにくい物件かどうかも確認してみましょう。人気の高い地方都市の物件や駅チカ、再開発が計画されているような場所は資産価値が落ちにくい傾向にあります。後々売ることを考えているなら、資産価値は非常に重要なポイントです。

マンション自体の価値はもちろんですが、周辺の土地がこれからどうなっていくのか想像しながら選ぶと良いでしょう。今後、発展していく見込みのある街なら資産価値が上がっていく場合もあります。10年、20年と経ってからでも買い手が付きそうかどうか考えてみてください。

居住中ならいつから住めるか確認

現在売主が居住中の中古マンションなら、いつから住めるのか必ず確認しておきましょう。売り出し中の物件でも、住み始められるまでに数ヶ月かかる場合もあります。さらに、居住中の物件は見学の際に遠慮しがちです。住んでいる方がいるからといって遠慮せず、確認したいところはしっかりと見ておきましょう。

居住している方の立場からも、売ったあとのトラブルは避けたいものです。見学で遠慮して後々トラブルになるよりも、しっかり見学して納得してから購入しましょう

周辺環境をチェック

中古マンションを購入するなら、周辺環境も視野に入れておきましょう。スーパー・薬局・病院などは近くにあった方が便利です。静かに暮らしたいか、にぎわっている場所で楽しく暮らしたいかでも選ぶ周辺環境は異なります。駅に近すぎる場所は便利ではあるものの、電車の音が気になる可能性があるでしょう。

また、他の住民の雰囲気などもあわせてチェックしておくのがおすすめです。子育て世帯の方なら、同じような世代の方が住んでいるマンションを選ぶとコミュニティが広げやすくなります。リタイア後の移住なら、年配の方が多く住んでいるような落ち着いた雰囲気のマンションを選ぶといいでしょう。

資産価値の落ちにくいおすすめの移住先エリア

中古マンションを選ぶ際は、資産価値の落ちにくさにも注目しておきましょう。ここでは、資産価値の落ちにくいおすすめの移住先エリアを3つ紹介します。

愛知県名古屋市

愛知県名古屋市は地方都市のなかでも人気が高く、新幹線なら東京まで2時間以下と好アクセスな点が魅力です。名古屋市は住みやすいと感じている方が多く、移住先としても人気があります。

アクセスの良い地方都市なので資産価値も落ちにくく、中古マンションを買うのにおすすめのエリアです。名古屋には美味しいものも多くあり、買い物ができる場所も多いため生活面でも便利です。

出典:名古屋の魅力・住みやすさについて

埼玉県さいたま市

埼玉県のなかでおすすめなのが、埼玉県さいたま市です。さいたま市には大宮・浦和・北浦和など多くのエリアが集まっていますが、中でも北浦和はほどよい田舎感がありながらも交通の便がよく人気があります。

駅前には北浦和公園があり、子育て世帯にも嬉しい環境です。県立浦和高校や市立浦和高校など、レベルの高い学校も揃っています。それほど都会ではないため比較的静かで勉強にも集中しやすく、中高生のお子さんがいる家庭にはピッタリの移住先といえます。近くに大宮などもあり、都内へのアクセスも良好なので資産価値も落ちにくいでしょう。

神奈川県本厚木市

神奈川県本厚木市は需要が高まりつつあるエリアで、神奈川県の中央部分に位置しています。都心部へのアクセスが良好で小田急電鉄を使えば、乗り換えをせず1時間程度で新宿に行けて便利です。また、横浜まで40分で行けるのでお出かけの際に困りません。

本厚木駅付近はにぎわっているものの、駅から離れると少し落ち着いた雰囲気になります。アクセスの良さや需要の高さから資産価値も下がりにくいと考えられ、中古マンションの購入にもおすすめのエリアです。

中古マンション購入で快適な移住生活を楽しもう

今回は移住先で中古マンションを購入するメリットやデメリット、チェックしたいポイントなどを紹介しました。中古マンションは新築よりも安価な傾向にあるのに対し、リフォームが難しい場合があるなどのデメリットもあります。予算や条件などを考慮しながら、後悔しないよう慎重に物件を選びましょう。

中古マンションを購入する際は本記事で紹介したポイントを参考にしながら、自分にとって快適な環境を探してみてください。

ABOUT ME
移住スタイル編集部
移住スタイル編集メンバーが更新します。移住をこれから検討する方のために、移住に関する、最新情報やノウハウをわかりやすく紹介します!
関連記事