移住コラム

押入れをおしゃれなクローゼットにリフォーム!費用と注意点とは?

おしゃれな部屋に住みたいと思っているけれど、なかなか現実には上手くいかないと悩んでいる方はいませんか?移住先の押入れが古臭くていやだなと感じているならば、おしゃれなクローゼットにDIYしてみましょう!自分でもできる方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

押入れリフォームの種類

押入れのある和室押入れリフォームで移住ライフももっと楽しく!

まずは、押入れリフォームにはどんな種類があるのかを把握しましょう。クローゼットにするには、主に3つのタイプから選んでおく必要があります。どんなクローゼットが良いか事前に決めておいてくださいね。

クローゼット

いわゆる一般的なクローゼットは、衣服をハンガーにかけてつるすためのパイプがついています。また、服をつるした下の部分には背の低い棚を設置することもでき、より収納スペースを広げることも可能です。衣服だけでなく、マフラーや手袋、帽子や靴などを収納するスペースとして活用してみるのも良いでしょう。

簡易クローゼット

簡易クローゼットは押入れの中棚を外してハンガーパイプを設置したものです。自分でDIYしやすいため、すぐにでも押入れをクローゼットにしたい方におすすめです。「簡易」と名が付いている通り簡単な作りになっており、例えば押入れに突っ張り棒をつけてハンガーで衣服をつるせるようにしただけでもクローゼットの作りになります。あとは、見た目をおしゃれに見せるために扉を取り、好きな色の布をかぶせてカーテン状にするなどの工夫が追加できます。

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは、一般的なクローゼットと違って人が入ることのできる広さを持っています。そのため、押入れをウォークインクローゼットにリフォームする際は業者の手も借りなければ難しい点もあるでしょう。そもそも押入れの広さが足りないことも多いので、広さ確保のために部屋の一部をウォークインクローゼットとして使うことになります。

クローゼットの扉の種類

赤い扉のクローゼットクローゼットの扉にも種類があります。

次に、リフォーム前にクローゼットの扉の種類についても知っておきましょう。どんな扉が理想なのか思い描き、好きなものにリフォームできるよう具体的なイメージを膨らませてください。

折れ戸

折れ戸は、複数の扉が重なるようにして開く扉です。開口部を広く取ることができます。広いクローゼットの場合、折れ戸が2つあるタイプもあります。デメリットは、折れ戸を開くときに少し手前にスペースが必要になることです。

引戸

引戸は、扉を真横にスライドさせて動かす扉です。クローゼットの扉として使われることが多く、手前に開かないためスペースを取らないことが特徴です。見た目が違うだけで、押入れの扉と同じ仕組みですよね。もしリフォームするなら、押入れの扉と同じサイズの板を利用するとより楽に改造ができます。

開き戸

開き戸は、普通は左右に扉が取り付けられており、それらを手前に引くと開く扉のことを指します。小さなクローゼットなら左右どちらか片方だけでも良いでしょうけれど、一般的な押入れであれば扉は左右に1枚ずつ必要です。手前にスペースが必要となるため、幅が狭い収納に適しています。

押入れリフォームにかかる工事期間と費用

破れたふすま古いふすまもリフォームで生まれ変わることができます。

押入れリフォームを実際にやってみようと思った場合、工事期間や費用はどれくらいかかるのでしょうか。業者に頼んだ場合のおよその工事期間と費用をご紹介します。

クローゼットの場合

一般的なクローゼットにする場合、すべての工事が終了するまでは4~8日ほどかかります。扉を交換するだけなら、古い扉を撤去し、下地処理をして新しい扉を付けるので、半日~1日ほどです。しかし、押入れの中をクローゼット仕様にするためには3~7日ほど必要でしょう。内壁を塗り替えたり、ハンガーパイプを取り付けることに時間がかかるからです。一般的な押入れは2段になっているので、クローゼット用にするため中棚を取り外す工事も必要です。

費用は、一般的な扉2枚の押入れなら合計で約20万円かかります。ちょっとしたDIYなら自分でもできますが、しっかりした物に仕上げたいなら業者に依頼することをおすすめします。

簡易クローゼットの場合

簡易クローゼットの場合は、扉交換だけで良いのなら、工事期間は半日~1日で済みます。あとは自分で突っ張り棒を入れたり、カラーボックスを購入するなどして工夫してDIYすることになります。

クローゼットの扉の取り付けが最も高く、どんな扉かにもよりますが5~10万円ほどが相場となります。もし、押入れの中棚も取り外してもらいたいなら、追加予算で1万円ほど見ておきましょう。

ウォークインクローゼットの場合

押入れをウォークインクローゼットにしたい場合、そもそも押入れのサイズでは足りないことが多いため、使わない和室を丸ごとウォークインクローゼットにするパターンが多いです。工事期間は2~4週間ほどみておく方が良いでしょう。部屋全体のリフォームをすることになるので、少し時間がかかります。

費用も大きくなり、20~50万円は必要になってきます。和室をウォークインクローゼットにしようとすると、和風テイストな壁紙などを洋風にしなければなりませんし、クローゼットとして使えるよう大掛かりな工事を必要とします。ただ何もない洋室に仕上げるのではなくて、衣服を収納するための専用部屋とするためそのデザインにもお金がかかることがあります。

押入れリフォーム費用を抑えるコツ

押入れリフォームには決して安くない金額がかかることがわかりましたが、費用を抑えるコツがわかればありがたいですよね!そこで、以下ではなるべく費用を抑えるためのポイントをご紹介していきます。

押入れリフォームをDIYする

押入れリフォームの費用を抑えるのに一番理想的なのは、DIYをすることです。少々難しいかもしれませんが、自分でできる範囲であれば簡易クローゼットくらいは作れるでしょう。

先ほども少し述べましたが、ハンガーパイプは突っ張り棒で代用するなどすれば簡単に設置ができます。押入れだと中棚が気になる方もいますが、高い位置に突っ張り棒を張れば、1段でも衣服はそれなりに収納できるでしょう。そして下の段も使えばより多くの衣服を収納できますし、吊り下げなくてもしまっておけばよいと考えるなら小さい棚を利用すれば立派な収納スペースになります。

押入れは扉がいかにも和風な雰囲気をかもし出しているので、扉を外し、布で隠す方法がおすすめです。本格的な木製の扉を使うとDIYではできませんが、布で隠す方法であれば雰囲気をかんたんにガラッと変えることができます。ここでも突っ張り棒を使い、パイプに通すタイプの間仕切りカーテンの使用をオススメします。

複数の業者に相見積りを取る

さすがにDIYでは無理そうだなと思ったら、素直に業者に依頼しましょう。この時、少しでも費用を安くしたいのであれば、必ず相見積もりを取ってください。相見積もりを取ることで、最安の業者に発注することができます。

相見積もりを取るときは、2~3者に声をかけると良いでしょう。ネットではたくさんの業者がありますが、押入れリフォームの実績があるところや、地元で活躍している業者をピックアップするのがポイントです。

見積書は、何にどれくらいの費用がかかるのか詳しく記載されています。省略されていたり、詳細が載っていない見積書は信用できないので注意した方が良いでしょう。

押入れの素材を再利用する

押入れリフォームをする際、自分でリフォームをするにしても、業者に依頼するにしても、押入れの素材を再利用すると費用は押さえられます。例えば、押入れの扉は取り外した後、クローゼットの縦の仕切りとして使うこともできるので、ペイントなど少しアレンジをした後にまた使うのも良いでしょう。収納する衣服を季節ごとに分けたり、部屋着とおしゃれ着とに分けて収納することができます。

壁紙も、クローゼットに衣服を入れたら中まで見えなくなるので、押入れの素材はそのままにしてあえて塗り直さないようにしても良いでしょう。

押入れリフォームの注意点

最後に押入れリフォームの注意点をお伝えしておきます。単に見た目がキレイになれば良いと考えていると、後で「こうしておけばもっと良かった!」と後悔することもあります。納得のリフォームになるための注意点を整理しましょう。

床素材次第では補強工事が必要になる

築年数が古い家の押入れは、補強工事が必要になることがあります。床素材が頑丈なものでない場合、重たい荷物を入れても耐えられるように補強工事が必要です。すべての衣服をハンガーパイプにつりさげるなら問題ないかもしれませんが、後々床に別の小物を収納する場合は考えておきましょう。後から必要に迫られて再度工事をするよりは、リフォーム時に一緒に工事してもらった方が手っ取り早いです。

カビ・結露が生じる場合は断熱材を入れる

押入れは、もともとカビや結露が生じやすい場所です。そのため、断熱材を入れて対策をしておくのもおすすめです。断熱材は家の壁にも使われており、外気が部屋の中の空気に与える影響を少なくしてくれます。おしゃれな衣服をしまう場所にカビや結露があるのは嫌ですから、早めに対策をしておくと良いですね。

移住先の押入れリフォームで生活を快適に!

移住先が押入れで気に入らないなと思ったら、おしゃれなクローゼットにして生活を快適にしましょう!押入れは部屋全体の雰囲気を古い印象にしてしまいます。クローゼットにリフォームすることで雰囲気をガラッと変えてみませんか。ぜひ本記事を参考にリフォームを検討してみてください。

ABOUT ME
移住スタイル編集部
移住スタイル編集メンバーが更新します。移住をこれから検討する方のために、移住に関する、最新情報やノウハウをわかりやすく紹介します!
関連記事