移住コラム

千葉県への移住はちょうどいい?千葉の魅力や移住支援をエリア別に紹介

移住先に千葉県を検討中ではありませんか?東京へのアクセスもよく、森・海など自然にも恵まれた千葉県は、暮らしやすさを考えるなら候補に挙がるのも納得できます。しかし、千葉県のどこに移住先にするのかは、各エリアの魅力を把握していないと判断が難しいでしょう。

そこで今回は、千葉県を5つのエリアに分けて、それぞれの特徴を紹介します。さらに、移住者向けの支援制度や移住体験の内容についても説明するので、千葉県への移住先をより具体的に検討したい方はぜひ参考にしてみてください。

千葉県は移住先にちょうどいい?3つの魅力を解説

千葉県の各エリアの特徴を紹介する前に、まずは千葉県全域の魅力を把握しておきましょう。千葉県には、主に下記3つの魅力があります。

  • 東京へのアクセスがよい
  • 自然が豊か
  • 支援制度が充実している

それぞれ詳しく解説するので、移住を検討中の方はチェックしてみてください。

①東京へのアクセスがよい

東京に隣接する千葉県は、都内への交通アクセスがよい県です。

総武線や成田線、京葉線などさまざまな路線が通っており、住む場所によっては1時間以内に都内へ移動することができます。都内への通勤・通学にはとても便利なエリアだと言えるでしょう。また、定期的に東京の繁華街に出かけたり、名所を観光したりしたい方にもおすすめです。

②自然が豊か

千葉県は海や森、里山と自然にも恵まれている県です。サーフィンやフィッシング、キャンプなど、自然の中で行うアクティビティを気軽に楽しめます。

また、自然が豊かなので、子育て世代にとっては、子どもをのびのびと育てたい子育て世代におすすめです。ハイキングなど新たな趣味を探すのにぴったりなので、定年後の移住先にも向いています。

さらに、稲作や酪農、漁業も盛んなので、新鮮食材が手に入りやすいところも魅力です。

③支援制度が充実している

千葉県では移住推進のために、移住・定住に関するイベント開催や移住支援、SNSでの情報発信など、様々な取り組みが行われています。中でも、移住支援制度の拡充に力を入れており、移住の際には幅広い支援を受けることができます。

支援制度といっても多種多様ですが、主に住宅支援や就業支援などがあります。例えば、定住を目的に住宅を購入した場合は最大150万円の交付、新規就農者を対象に1人あたり年間150万円の給付(最長5年間)などなど。

他にも、住む市町村によっては医療や子育てに関する支援制度もあり、移住してからの暮らしをサポートしてもらえます。

支援制度の内容は各自治体によって異なるので、事前にホームページなどで確認しておくとよいでしょう。

【エリア別】千葉県について解説~特徴・支援制度・移住体験~

「移住するなら千葉県のどこがよいのか?」

このような疑問を解決するために、千葉県を下記5つのエリアに分けて、特徴や住みやすさについて詳しく紹介します。

  • 南房総エリア(県南部)
  • 香取・東総エリア(県北東部)
  • 圏央道エリア(県東部~西部)
  • 空港エリア(県北部)
  • 東葛・湾岸エリア(県北西部)

支援制度や移住体験についても紹介するので、参考にしてみてください。

「南房総エリア」自然豊かで海も山も楽しめる

南房総について

太平洋に面した南房総エリアは、温暖な気候と豊かな自然が特徴です。

農産物や水産物に恵まれており、新鮮な食材がパッと手に入ります。また、海が近いおかげでサーフィンやシュノーケリング、フィッシングなどのアクティビティを気軽に楽しめます。部原海岸では、サーフィンの世界大会が開かれたこともあり、多くのサーファーにとって聖地ともいえる場所です。

観光スポットも充実しており、シャチのショーで有名な水族館である「鴨川シーワールド」や動物とのふれあいが楽しめる「千葉県酪農のさと」などがあります。くだもの狩りや陶芸の体験施設や温泉施設も豊富にあり、様々なアクティビティを楽しめるのが特徴です。

移住支援制度の内容

市町村 移住支援制度の内容
館山市 ■館山市移住定住促進助成金交付制度
市内の民間賃貸住宅を利用する転入子育て世帯に、家賃助成金(月額の家賃の2分の1)を交付■空き家バンク
地域住民の理解と協力により提供された空き家の情報を、ホームページ上で公開

■就業支援
館山市の就業・雇用支援制度、創業支援制度についての情報を提供

など

勝浦市 ■若者等定住促進奨励金
若者夫婦の住宅取得、賃貸住宅入居に対して奨励金(1世帯につき10~40万円)を交付■住宅用省エネルギー設備等設置補助金
市内の住宅に省エネルギー設備等を設置される方に対し、その経費の一部を補助

■勝浦市移住支援金制度
東京23区(在住者または在勤者)から勝浦市に移住し、就業または起業した方に移住支援金を支給

など

鴨川市 ■住宅取得奨励金交付制度
要件を満たした場合、新築・中古住宅を取得した転入者の方を対象に最大50万円の奨励金を交付■鴨川市移住就業支援金
東京23区(在住者又は通勤者)から鴨川市に移住して、就業または起業した方に移住就業支援金を支給

など

南房総市 ■住宅取得奨励金交付制度
安房郡市内の業者により建設または販売された新築住宅を購入した子育て世帯および若年者に対し、奨励金(30~200万円)を交付■新規就農者支援事業
新規就農者に対し、将来における農業経営の確立ができるよう予算の範囲内において補助
いすみ市 ■木造住宅耐震診断補助金
耐震診断に要する経費の一部を補助■結婚新生活支援事業補助金
新婚世帯に対し、住宅の賃貸・引越し費用の一部について補助金を交付

■いすみ市クラウドソーシング手数料助成事業
クラウドソーシング手数料の全部又は一部について補助金を交付

など

大多喜町 ■住宅取得奨励金
新築住宅を取得した方を対象に奨励金(30~100万円)を交付■住宅リフォーム奨励金
町内施工業者にてリフォームした場合は、奨励金(最大20万円)を交付

■空き家利用促進奨励金(リフォーム助成)
空き家購入者が改修した場合、最大で100万円の補助

など

御宿町 ■木造住宅耐震診断補助
昭和56年5月31日以前に建築または着工された一戸建て住宅の耐震診断費用の3分の2(上限3万円)を補助■町内就業者家賃支援事業補助金交付事業
御宿町に住所登録をしてから1年以内で、農業・漁業・商工業等に就業する45歳未満の方に対し、家賃の3分の1(上限2万円/月)を補助
鋸南町 ■住宅取得奨励金
新築住宅を建築又は購入した方を対象に奨励金(最大100万円)を交付■住宅リフォーム補助金制度
居住する住宅のリフォーム工事を町内業者により行い、一定の条件を満たした方を対象として補助金(最大20万円)を交付

など

参考:南房総ゾーン|市町村の基本情報及び主な移住支援制度

移住体験に関する情報

市町村 移住体験に関する情報
館山市 ■移住体感ツアー(NPO法人おせっ会)
農家や古民家体験など、田舎暮らしを体験できる企画を実施
鴨川市 ■農家民泊
農作業や郷土料理作り、地域の文化活動など農村生活の体験・宿泊■ふれあい農園
1区画(30平方メートル)年額10,000円で、市民と都市住民の農業体験ができる
いすみ市 ■お試し居住・体験ツアー
1週間以内の市内滞在体験
御宿町 ■御宿町お試し暮らし滞在費補助金事業
御宿町への移住を目的に、住居や仕事を探し、又は暮らしを体験するなどの活動に係る宿泊(最大3泊)について、基本宿泊費(1泊)の2分の1(上限2,000円)を補助■御宿町定住化促進ツアー
御宿の暮らしが知りたい、雰囲気を感じたい、つながりを築きたい方を対象としたツアーを企画

参考:南房総ゾーン|市町村の基本情報及び主な移住支援制度

「香取・東総エリア」農業・畜産業・水産業が盛ん

香取・東総エリアについて

香取・東総エリアは、農作物の生産量が県内ナンバー1です。千葉の台所ともいわれており、農業や畜産業、水産業など食に関わる産業が盛んに行われています。朝市や産直市場、地元の食材を活かした飲食店など、食を楽しみたい方におすすめです。

もちろん、魅力は食以外にもあり、香取・東総エリアには、古い日本家屋などが数多く残っています。日本情緒あふれる街並みに触れ懐かしい景観を楽しめれば、心も休まることでしょう。

近隣の都道府県へのアクセスがいいのも香取・東総エリアの魅力です。茨城県と隣接しているため、水戸市やつくば市への通勤・通学にはとても便利です。さらに、東京駅へは高速バスで、銚子駅から約2時間35分、佐原駅からは約1時間45分で行くことができます。都内との2拠点生活の候補地にもおすすめです。

移住支援制度の内容

市町村 移住支援制度の内容
銚子市 ■住宅リフォーム助成事業
住宅リフォームに要する費用の一部を助成(最大10万円)■銚子市空き家バンク
市内への移住・定住希望者へ空き家を貸し出す(または売却する)ことで、地域活性化・人口減少対策として活用
など
旭市 ■定住促進奨励金の交付
転入前に3年以上続けて市外に居住していた方が、定住を目的として市内に住宅を取得し転入した場合(転入日と住宅取得日が3年以上空いていない場合に限る。)、世帯構成等に応じて最大150万円を交付■新規就農者支援事業
市内で新規就農した方(50歳未満)に対して、農業機械・施設の取得費用や農地を借りる費用の一部を補助
など
匝瑳市 ■転入者マイホーム取得奨励金交付事業
匝瑳市に定住する意思を持って市外から転入し、新築又は中古住宅を取得した方に奨励金を交付(新築最大100万円、中古最大60万円)■【フラット35】子育て支援型・地域活性化型の「利用対象証明書」の交付
匝瑳市転入者マイホーム取得奨励金の交付と併せて、フラット35の借入金利について、一定期間の引き下げを受けられる

など

香取市 ■木造住宅の耐震改修工事に伴うリフォーム工事費の助成
市内の木造住宅の耐震診断と、それを受けて行われる耐震改修工事の費用、その工事と併せて行われるリフォーム工事の費用に対して、一定割合の額を助成■農業次世代人材投資事業(旧青年就農給付金)経営開始型
農業を始めてから経営が安定するまでの一定の方を対象に、年間最大150万円(最長5年間)の給付金を給付
など
神崎町 ■神崎町移住・定住奨励金
平成30年4月1日以降に神崎町に移住し、住宅を新築、又は購入する方を対象に、基礎額50万円+加算額の奨励金を交付■神崎町住宅リフォーム補助金
神崎町に移住し、町内業者が行う20万円以上のリフォーム工事に対して補助金(費用の10分の1、上限30万円)を交付

など

多古町 ■多古町住宅取得奨励金
新たに土地と新築住宅を取得して以後も町内に定住する方に奨励金を交付■農業次世代人材投資事業交付金
45歳未満の新規就農者を対象に、1人あたり年間150万円を最長5年間給付(夫婦で協働経営の場合は225万円給付)

など

東庄町 ■三世代ファミリー定住支援事業
親・子・孫(中学生以下)の三世代が同居するための新築・増築・リフォーム等に係る費用の一部を補助(定額20万円)■東庄町創業促進支援
町内で創業する方への支援事業を実施
など

参考:香取・東総ゾーン|市町村の基本情報及び主な移住支援制度

移住体験に関する情報

市町村 移住体験に関する情報
匝瑳市 ■市民農園
市民農園を整備し、貸出し■ふれあいパーク八日市場
里山ハイキングやタケノコ掘り、さつまいも収穫、ベーコン作りなどの各種体験活動を実施
香取市 ■日帰り型市民農園
1年単位で30平方メートル~50平方メートルの区画を貸出し(地元農家による栽培指導や講習会あり)

参考:香取・東総ゾーン|市町村の基本情報及び主な移住支援制度

「圏央道エリア」商業施設が整備され住みやすい

圏央道エリアについて

圏央道エリアは面積が広く、17市町村で成り立っています。海や森、里山などに恵まれており、自然に囲まれてゆったり過ごせるのが特徴です。

また圏央道エリアには、東京湾アクアラインの出入口である木更津市があります。東京へのアクセスだけでなく、神奈川県川崎市へのアクセスが良好で、京浜地域への車通勤にも便利です。さらに、大型ショッピングモールやアウトレットパークなど、商業施設も充実しているので、買い物にも困らないでしょう。

のんびり過ごしたい方とアクティブに過ごしたい方、どちらでも満足できるエリアです。

移住支援制度の内容

市町村 移住支援制度の内容
木更津市 ■木更津市街なか居住マンション取得助成事業
街なか居住マンション建設補助事業にて建設されたマンションの住戸を取得した人に補助金を交付■木更津市空き家リフォーム助成事業
空家バンクに登録された空家を住居や高齢者サロンなど特定施設として利活用するリフォーム工事に対して、工事費の一部を助成

など

茂原市 ■三世代同居等支援事業
親及び子の世帯のいずれか又は全部が市内へ転居し、親・子・孫の三世代で同居または近居をする方に、住宅取得等の費用の一部を補助■創業支援事業
市内で新たに創業しようとする者に対して、創業に必要な経費の一部を助成(上限30万円)

など

東金市 ■東金市地域職業相談室
ハローワーク千葉南と同じ求人情報の閲覧や、相談員による職業相談・紹介を受けられる■空き家バンク
市空き家バンクを通じて情報提供・マッチングする

など

市原市 ■いちはら三世代ファミリー定住応援事業
子育て世帯が、市内に住む親世帯との同居・近居等を行うため、市内に住宅を取得する場合に、その費用の一部を補助(上限100万円)■いちはら結婚新生活応援事業
結婚を伴う新生活のスタートに必要となる住居費や引っ越し費用の一部を補助(上限30万円)
など
君津市 ■君津市戸建て中古住宅取得補助事業
戸建て中古住宅を取得された方を対象に最大70万円を補助■君津版ハローワーク「きみジョブ」
市が行う無料の職業紹介や職業相談等のサービス
など
富津市 ■空家バンク
空き家の売却・賃貸を希望する所有者からの申込みを受付け、市ホームページ等に情報を掲載■農業次世代人材投資資金
就農直後(5年以内)の経営確立を支援するため、年間150万円を限度に資金を交付

など

袖ケ浦市 ■世代間支え合い家族支援事業
離れて暮らしている高齢者である親と子等が袖ケ浦市で同居又は近隣に住むための費用の一部を助成(上限30万円)■新規就農者育成事業
研修等の受講者へ補助金を交付(1年度当たり6~8万円)

など

山武市 ■住宅リフォーム補助
個人住宅のリフォームを行う場合に、その経費の一部を補助■結婚新生活支援補助
山武市内で結婚新生活を始めるための費用の一部(住居費・引越し費用)を補助(上限50万円)

■三世代同居等支援補助金
山武市内に転入し、三世代同居または近居をはじめる方に住宅取得等にかかる費用を補助(上限75万円)

など

大網白里市 ■木造住宅耐震診断補助事業
一定の要件を満たす木造住宅の耐震診断に要する費用の一部を補助(上限8万円)■空き家バンク制度
市ホームページを通じて登録された空き家物件の情報提供

など

九十九里町 ■住宅取得奨励金交付制度
一定の期間内に町内において新築又は中古住宅を取得した一定の条件を満たす方に奨励金を交付(上限80万円)■空き家バンク制度
市ホームページを通じて登録された空き家物件の情報提供

など

横芝光町 ■横芝光町住宅取得奨励金交付事業
一定の条件を満たす場合に奨励金を交付(新築住宅30万円、中古住宅10万円、転入加算40万円、子ども加算1人につき10万円)■横芝光町住宅リフォーム補助金
工事に要する費用の一部を補助(上限20万円)

など

一宮町 ■住宅用太陽光発電システム設置補助金
住宅用太陽光発電システムの設置に要する費用の一部を助成(1Kwあたり3万円・限度額13万5千円)■住宅用省エネルギー設備設置事業補助金
住宅用省エネルギー設備の設置に要する費用の一部を助成(上限10万円)

など

睦沢町 ■住宅取得補助金制度
若者夫婦等がマイホームを購入すると補助金を交付■住宅リフォーム補助金制度
個人住宅のリフォーム経費を一部補助(上限50万円)

など

長生村 ■住宅リフォーム補助金
村内の業者により住宅リフォーム工事を行った村民を対象に、工事費の10分の1(限度額20万円)を補助■結婚新生活支援事業補助金
村内で結婚新生活を始めるための費用を一部補助

など

白子町 ■若者マイホーム取得奨励金交付制度
町内に新築住宅を建築または購入し、一定の条件を満たす方を対象に奨励金20万円(要件により加算額あり)を交付■若者定住促進用町有地の無償貸付及び無償譲渡制度
町所有の土地を無償で貸し付け、貸付期間(1年間)内に町が定める住宅要件を満たしたマイホームを建築した方に、無償で町有地を譲渡(条件付)

など

長柄町 ■住宅新築補助金住宅を新築した方を対象に取得費の一部を補助(上限60万円)

■空き家改修費補助金
住宅の改修費、セルフリノベーション費、家財道具の撤去処分費、仲介手数料等の一部を補助(上限130万円)

など

長南町 ■長南町住宅取得奨励金制度
平成31年4月1日から令和6年3月31日までに住宅を取得した45歳以下の夫婦世帯に対して奨励金(上限200万円)を交付■住宅リフォーム補助金
町内施工業者にてリフォームした場合、最大20万円(補助対象経費に要した金額の10%)を補助

など

参考:圏央道ゾーン|市町村の基本情報及び主な移住支援制度

移住体験に関する情報

市町村 移住体験に関する情報
木更津市 ■木更津暮らし体験
木更津暮らしを体験できる企画を実施
東金市 ■田んぼの学校
田植えから稲刈りまでの作業を体験■市民農園
農家の方に教わりながら、有機・減農薬の野菜作りができる
市原市 ■市民農園・市民菜園
農作物の栽培体験の場と機会を提供
長生村 ■ながいきそばオーナーズクラブ
種まきや収穫作業、そば打ち体験などができるオーナー制度■長生ファームランド
野菜や草木を育てられる農園を区画単位(1区画50平方メートル)で貸出し
白子町 ■お試し居住体験事業
本町での暮らしを体験できるお試し居住体験事業を実施■移住交流事業
移住を検討されている方々と既に移住された方々や地域の方々との交流の場を提供し、交流イベントを実施

参考:圏央道ゾーン|市町村の基本情報及び主な移住支援制度

「空港エリア」成田空港や城下町など新旧を楽しめる

空港エリアについて

世界の玄関口である成田空港や千葉ニュータウンがある空港エリア。東京都へのアクセスがよく、成田駅から東京駅までは通勤快速を利用すれば1時間ほどで到着します。都内に通勤・通学をする方にとって、通いやすいエリアです。

また空港エリアは、市町村によって異なる雰囲気を味わえるのところも魅力の1つです。外国人観光客が多く、大型ショッピングスポットを構える成田市や印西市では異国情緒溢れる雰囲気を、城下町の佐倉市では風情ある雰囲気を堪能できます。

他にも、歴史的なスポットが点在するエリアや自然豊かなエリアなど、市町村によって様々な暮らしを送れるでしょう。

移住支援制度の内容

市町村 移住支援制度の内容
成田市 ■成田市空き家バンク
空き家の売却・賃貸を希望する所有者からの申込みを受付け、市ホームページ等に情報を掲載■新規就農支援
市内で新たに農業を始めようとする方や、就農したばかりの方を対象にした支援

など

佐倉市 ■中古住宅リフォーム支援事業
中古住宅を新たに購入しリフォームを行う方に工事の費用の一部を補助(リフォーム費用の2分の1、補助金限度額は50万円)■佐倉市結婚新生活支援補助事業
引っ越し費用・住宅費用を補助

など

四街道市 ■四街道市三世代同居・近居住宅支援事業補助金制度
親・子・孫が三世代で同居又は 近居するための住宅の新築・購入に要する経費の一部を助成(上限100万円)■結婚新生活応援事業補助金
新居の購入費や家賃、引越し費用の一部について最大30万円を補助

など

八街市 ■八街市定住促進住宅リフォーム工事補助事業
住宅のリフォーム工事を行う場合に費用の一部を補助■空き家バンク
空き家の売却・賃貸を希望する所有者からの申込みを受付け、市ホームページ等に情報を掲載

など

印西市 ■印西市住宅・建築物耐震改修促進事業補助金
耐震診断費、耐震改修設計費及び耐震改修工事費の一部を補助■印西市就労支援サイト「いんざいお仕事探しナビ」
事業者と市民の求人・求職を支援する情報サイト「いんざいお仕事探しナビ」を開設

など

白井市 ■親元同居近居支援補助金制度
住宅の購入等をし、転入した子育て世帯等に対して、補助金を交付■白井市無料職業紹介所
職業紹介、職業相談、求人情報の提供などにより、就職活動を支援

など

富里市 ■住宅リフォーム補助事業
市内施工業者により、現に自己が所有し居住している住宅のリフォームを行う方に、一定の要件の下、費用の一部を補助(上限10万円)■空き家バンク
空き家の売却・賃貸を希望する所有者からの申込みを受付け、市ホームページ等に情報を掲載

など

酒々井町 ■住宅リフォーム補助金
町内業者の施工による住宅のリフォーム工事を行う場合に費用の一部を補助■木造住宅耐震診断費補助金
定の要件を満たす一戸建て木造住宅の耐震診断に要する費用の一部を補助

など

栄町 ■定住・移住奨励金交付制度
町内に新たに住宅を取得した方に対し、25万円を交付■移住者子ども加算金
町外から転入してきた方で、中学生以下の子どもがいる方に加算金を支給(1人目から1人につき10万円を加算)

■結婚新生活支援補助金
結婚後の住宅購入費やアパート等の家賃、または、引越にかかった費用の一部を補助(上限30万円)

など

芝山町 ■三世代同居等支援事業助成金
3世代の家族が町内で新たに同居などをするために住宅を新築、購入、増築した場合の費用を一部を助成(町内業者利用は最大200万・町外業者利用は最大100万円)■空き家バンク
空き家の売却・賃貸を希望する所有者からの申込みを受付け、市ホームページ等に情報を掲載

など

参考:空港ゾーン|市町村の基本情報及び主な移住支援制度

移住体験に関する情報

市町村 移住体験に関する情報
成田市 ■市民農園
農業者以外のみなさんが土と親しみ自ら野菜や花等を栽培
富里市 ■富里スイカオーナー制度
すいか苗1株ごとにオーナーを募り、収穫等の農業体験イベントに参加できる制度

参考:空港ゾーン|市町村の基本情報及び主な移住支援制度

「東葛・湾岸エリア」都心への近さと自然を融合

東葛・湾岸エリアについて

東京都に隣接する東葛・湾岸エリアは、都内に通勤・通学するファミリー層に人気のエリアです。公共の交通機関を利用すれば、どの市からも都内と便利に行き来できます。

2015年に開通した上野東京ラインのおかげで、我孫子・柏・松戸駅からはさらに東京へアクセスしやすくなりました。例えば、松戸駅から東京駅までは、快速で最短約30分の早さです。立地条件的には都内とほぼ変わらないといってもよいでしょう。

ショッピングや遊びスポット、医療施設も整っており、暮らしやすさで選ぶなら東葛・湾岸エリアは候補から外せません。

移住支援制度の内容

市町村 移住支援制度の内容
千葉市 ■千葉市三世代同居等支援事業
三世代家族の同居などに必要な費用の一部を助成■千葉市結婚新生活支援事業
結婚を機に千葉市へ転入される新婚世帯に対し、婚姻に伴う住居費および引越費用を最大30万円補助

など

市川市 ■マイホーム借上げ制度
シニア世帯(50歳以上)のマイホームを最長で終身にわたって借上げ、安定した賃料収入を保証(借り上げた住宅は、子育て世代などに転貸)など
船橋市 ■船橋市親世帯・子育て世帯近居同居支援事業
離れて暮らす親世帯・子育て世帯が近居、又は同居した場合に助成(建築・購入の場合:最大20万円、賃貸借契約の場合:最大10万円)■マイホーム借上げ制度
50歳以上の方のマイホームを借上げて転貸し、安定した賃貸収入を保証する制度(借り上げた住宅は、子育て世代などに転貸)

など

松戸市 ■松戸市子育て世帯親元近居・同居住宅取得補助金
子育て世帯が市内に住む親世帯と近居または同居するために、市内に住宅を取得する際の費用の一部を補助■マイホーム借上げ制度
シニア世帯(50歳以上)のマイホームを最長で終身にわたって借上げ、安定した賃料収入を保証(借り上げた住宅は、子育て世代などに転貸)

など

野田市 ■野田市結婚新生活支援事業
婚姻を機に野田市へ転入される新婚世帯に対し、住居費及び引越費用を最大30万円補助など
習志野市 ■親元近居住宅取得促進助成金
子世帯もしくは親世帯が近居するために住宅を取得した場合にかかる登記費用の一部を助成など
柏市
流山市
八千代市 ■八千代市地域職業相談室
ハローワーク船橋の出先機関として求人・職業相談を実施■就労支援セミナー等
支援機関等と連携し、年齢等に合わせた就職支援のためのセミナーや相談会を開催

など

我孫子市 ■住宅リフォーム補助金制度
市内の登録施工業者等に発注するリフォーム工事の費用について、工事内容や居住状況に応じて補助金を交付(上限50万円)■若い世代の住宅取得補助金制度
若い世代(40歳未満)の夫婦や単身者が、新築・中古住宅・マンション等の住宅を取得した場合に補助(上限17万円
鎌ケ谷市 ■マイホーム借上げ制度
一定の耐震性が確保されているシニア世帯(50歳以上)のマイホームを最長で終身にわたって借上げて転貸し、安定した賃料収入を保証(借り上げた住宅は、子育て世代などに転貸)■鎌ケ谷市無料職業紹介所
職業紹介、就職相談、求人情報の提供などにより、就職活動をサポート

など

浦安市 ■浦安市ふるさとハローワーク
フルタイムやパートタイムの求人情報の提供、職業相談・職業紹介などの就労支援など

参考:東葛・湾岸ゾーン|市町村の基本情報及び主な移住支援制度

移住体験に関する情報

市町村 移住体験に関する情報
八千代市 ■農業体験
体験農園やお米作り体験(田植え、稲刈り)、いちご狩り、さつまいも収穫体験など季節ごとの農業体験

参考:東葛・湾岸ゾーン|市町村の基本情報及び主な移住支援制度

千葉県に移住して後悔しない?3つの注意点

最後に、千葉県への移住前に把握しておくべき注意点を紹介します。注意点は主に、下記の3つです。

  • 車がないと不便な地域が多い
  • 他県に比べると自然災害のリスクが高い
  • 子ども医療費がかかる地域が多い

移住してから後悔しないよう、それぞれ確認しておきましょう。

車がないと不便な地域が多い

千葉県に移住する場合、車を持たないと不便に感じるエリアが多くあります。特に、千葉県の中心街(千葉市中央部や柏市中央部など)や駅から外れるエリアは、徒歩圏内にスーパーやコンビニなどがないことが多く、車がないと生活しづらい可能性があります。

公共交通機関に関しても、バス路線は東京ほど多いわけではありません。エリアによっては1時間に1~2本しか来ないところもあるので、乗り遅れてしまえば大きな時間ロスにつながります。

通勤や買い物、子どもの送り迎えなど、生活の中で車が必要になる場面は多いと思っておいたほうがよいでしょう。

他県に比べると自然災害のリスクが高い

過去の状況から見ても、千葉県は他県よりも自然災害のリスクが高いエリアです。千葉県は海に近く台風の通り道になりやすいので、高潮で家が浸水する可能性があります。また地域によっては地盤が緩く、地震で建物が傾いたり建物の一部が地中にめり込んだりする被害にあうかもしれません。

さらに、千葉県は大きな国道や高速道路の本数が少ないこともあり、災害発生時は物流が滞りやすいのもリスクです。千葉県に移住する場合は、なるべく災害リスクの低いエリアを選ぶようにしましょう。

子ども医療費がかかる地域が多い

子ども医療費を無料にしている自治体が多い中、千葉県は子ども医療費がかかる地域が多々あります。

例えば、千葉市では0歳〜小学3年生は1回につき300円、小学4年生〜中学3年生は1回につき500円を自己負担しなければなりません。他の地域でも、中学卒業までは1回につき200〜300円の自己負担が必要です。子育て世代にとっては、医療面での支出が増えてしまうかもしれません。必要に応じて、子どもの医療保険加入も検討しておくとよいでしょう。

ただし、子どもの医療費の支援が薄い分、教育の支援に力を入れている市町村も多いです。エリアにもよりますが、学校給食費の無料化や保育所の保育料無料など、積極的に子育てをサポートしてもらえます。子育て世代が移住する際は、支援制度もチェックしてみることをおすすめします。

参考:子ども医療費助成制度
参考:子ども医療費助成制度のご案内
参考:子ども医療費の助成について
参考:平成30年4月から学校給食費の無料化を実施します!
参考:保育料
参考:香取・東総ゾーン|市町村の基本情報及び主な移住支援制度

千葉県はエリアによって魅力が違う!自分に合った移住先を見つけよう

千葉県には「東京へのアクセスがよい」「自然が豊か」「支援制度が充実している」の3つのエリアごとに共通した魅力があります。さらに、街の雰囲気や文化、施設の充実さ、海へのアクセスのよさなど、各エリアによって異なる特徴・魅力があります。

たくさんの魅力をもつ千葉県なら、理想の暮らし方ができるエリアがきっと見つかるはずです。注意点も踏まえつつ、各エリアの特徴や魅力から自分に合う移住先を見つけましょう。

ABOUT ME
移住スタイル編集部
移住スタイル編集メンバーが更新します。移住をこれから検討する方のために、移住に関する、最新情報やノウハウをわかりやすく紹介します!
関連記事